まさみ歯科 - 青葉区 南吉成にある歯医者

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
審美治療
あなたの笑顔をステキに

どんなことでもお気軽にご相談ください!

白い歯、綺麗な歯はみんなの憧れ!

なぜなら口元は、その人の印象を大きく左右し、白く輝く歯は清潔なイメージを人に与えてくれるからです。

歯並びや銀歯、ヤニや茶渋で黄ばんだ歯を気にして、暗い表情になっていませんか?
審美歯科治療で口元のコンプレックスを無くしてしまえば、あなたの本来の美しさがよみがえります。

オールセラミック クラウン

ジルコニア

オールセラミックスとは金属を全く使っていない白い人工の歯です。金属を使わない分、透明感もあり、硬さも天然歯に近く、とても審美性に優れています。ジルコニアフレームの上に、セラミックを焼き付けています。またフレームのジルコニアはかなり高い強度があり。多くの歯を繋げる場合にも適しています。
  • 金属アレルギーの方
  • 前歯から奥歯まで適しています
  • 自然歯のような綺麗さを求められる方

e.max(前歯部)

透明感のある自然な仕上がりと天然歯に近い摩耗性のため最近とても評価が高く、二ケイ酸リチウムのガラスセラミックスという材質です。透明感のある天然歯のような美しさがありますので、天然歯との違いがあまりわからないほどです。もちろん金属アレルギーの心配もありません。
  • 金属アレルギーの方
  • 透明感のある天然歯のような綺麗さを求められる方

ホワイトニング

歯の表面から白くする方法と歯の内側から白くする方法があります

ホワイトニング法は、元々歯の色が黄ばんでいたり、加齢により歯の色が黄ばんでしまった歯の表面を薬品によって白くする方法です。これは、歯を削ることなく白くできるメリットがあります。しかし、白さには限度があるので歯科医師とよく相談して下さい。
また、歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があります。両者を併用することも多くあります。

よくある質問

歯の銀色の詰め物、被せ物が気になります。 白く出来ますでしょうか?

銀色の被せ物の歯、銀色の詰め物を外して、白い歯にすることは出来ます。

歯の色が変色しています。白く出来ますでしょうか?

歯が変色している場合は、二つの方法があります。
審美歯科で歯の全体をセラミックの被せ物にすることで、白くする方法とホワイトニングにより白くする方法があります。歯が黄色い、歯が白濁しているであれば、ホワイトニングで白く出来ることが多いです。また神経のなくグレー色に変色した歯や、テトラサイクリンなどのかなり強い変色の場合は、審美歯科にてセラミックを被せることで治したほうが適していることが多いです。
どちらの方法が適しているか疑問でしたら、お気軽にご相談ください。

歯並びが気になります。審美歯科できれいに出来ますでしょうか?

歯並びが凸凹して気になる場合は、二つの方法があります。
審美歯科で、被せることによって治す方法と、矯正治療で、歯並びを整えて治す方法の二つがあります。
1、2本だけの歯が出ていたりする場合は、審美歯科で治す方が良い場合も多いですが、ある程度の本数が凸凹している場合は、矯正治療にて治した方が、時間はかかりますが、歯を削らずにきれいに出来ます。一概にすべてのケースがこのパターンにあてはまるわけではなく、口の中全体のバランスも考慮した上で判断した方が良いと思いますので、まずはお気軽に相談ください。

以前に被せた歯が、黄色く変色して来たけど、白く出来るでしょうか?

セラミックは基本的には変色しないので、おそらくプラスチックの材質の被せ物であるかと思います。歯の根に問題ないのであれば、変色した被せ物を外して、被せなおせば きれいな歯にすることが出来ます。

歯にヤニや着色がついているので、きれいに出来るのでしょうか?

歯の表面についた着色は、クリーニングによってたばこのヤニなどによる着色を除去してきれいにすることが出来ます。

差し歯と歯ぐきの境目が黒くなってきているのですが、きれいに治りますでしょうか?

この境目が黒くなってくる理由は、二つ考えられます。
一つ目は、被せ物のフレームの金属が見えてきてしまっているためで、二つ目は虫歯によるものです。
一つ目は、最初治療したころはきれいであっても、年月が経ち、歯周病によって歯ぐきが下がってきてしまうことがあるため、境目の黒いラインが見えてしまうのです。しかし、最近は、金属を一切使わないセラミック冠を使用することによって、境目も白くすることが出来ます。
また、予防歯科にて歯周病の予防をすることによって、歯ぐきが下がりにくくなります。二つ目の虫歯になってしまった場合は、被せ物を外して、虫歯を取ってから、きちんと被せなおせば、きれいにすることが出来ます。

歯が欠けてしまった場合は、どんな治療方法があるのでしょうか?

欠けたところが小さい場合は、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックの材料で、その欠けた部分だけ詰めることによって治すことが出来ます。長所は、削る量を最小限にすることが出来るということです。逆に短所は、再度欠けやすいということです。
欠けたところが大きい場合は詰めることもできますが、強度的に弱いため欠けやすく、そのため、歯の全体をある程度削ってセラミック冠+などを被せる治療が適している場合が多いです。

セラミックの歯のほうがきれいになると聞いたのですが、どうしてでしょうか?

プラスチックの歯は、経年劣化で変色していきます。あと、いくつかの決められた種類の色から選ぶことになりますので、審美面でこだわりを持たれている方には向いていないことが多いです。
セラミックは変色はしないため、最初の歯の色のきれいさを維持することが出来ます。また、歯の色は、そのセラミック冠を作る技工士本人に来ていただき、患者さんの歯を直接見ていただき、好みなど要望を聞きながら、歯の色を決めていきますので、全体のバランスの取れた歯の形、色彩に持っていくことが出来ます。もちろん、少し白いほうがいいなとかなども、遠慮なく言ってください。

前歯などの見えるところの治療でも大丈夫なのでしょうか?

前歯の治療中は、仮歯が入ります。もちろんセラミックなどの被せ物と比較すると、違いはありますが、普通に見ただけでは分かりにくい感じにはなりますので、安心ください。