青葉区 歯医者 | 仙台 青葉区 南吉成の歯医者 まさみ歯科

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
親知らず外来

口腔外科とは

インプラント治療に付随する治療はもちろん、親知らずの埋伏抜歯、舌や粘膜の疾患の治療、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患、炎症、外傷、顎関節症等、外科的処置を伴うさまざまな疾患の治療を行います。
症例によっては大学病院等の専門機関を御紹介致します。
  • 当院には口腔外科認定医が常駐しております

親知らずが引き起こす影響

親知らずが引き起こす影響

親知らずが引き起こす影響
親知らずが身体や口腔内に悪影響を出すのは、「水平埋伏智歯」と呼ばれる親知らずが真横を向いて埋まっているときです。真横に向かって生えている親知らずは、隣の歯をグイグイと押すため、(その状態が長引くと)顎関節症など顎の痛みの原因になる他、他の歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。

また、斜めを向いて親知らずの先端が少しだけ顔を出した「半埋伏」の場合などは、隣の歯に接触している部分に汚れがたまりやすく清掃も困難なため、高確率で虫歯になってしまいます。その場合は、隣の7番目の歯の隣接面も虫歯になる可能性が高いので注意が必要です。

親知らずの抜歯の流れ

  1. メスで歯ぐきを切開します。
  2. 歯の頭と根の間を切削器具で削ります。
  3. 歯の頭だけを抜きます。
  4. 根の部分を抜きます。