青葉区 歯医者 | 仙台 青葉区 南吉成の歯医者 まさみ歯科

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
メタルフリー治療
金属を使わない治療

お口の中の金属、本当に大丈夫?

あなたの皮膚の湿疹、かぶれ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、関節痛、慢性疲労は、
お口の中の金属の詰め物、被せ物が原因かもしれません。

最近、今まで通っていた歯医者で治療した金属が原因となり、金属アレルギーとなっていることが多いと聞きます。
歯科で使う銀の詰め物や銀歯によって慢性的な症状が続き、あいまいで明確な症状がきちんと出ないため、体内に溶け出した金属が蓄積していって状態が悪化する危険性があります。

特にアレルギーをおこしやすい詰め物

  • アマルガムと呼ばれる詰め物(主成分は水銀)
  • 保険の銀色の詰め物や被せもの(ニッケル、コバルト、パラジウム)

メタルフリー = 金属を使わない治療方法

身体にやさしい治療として良いとされています

銀歯などの金属が原因の「金属アレルギーで悩まれている方」「ご自分の健康への意識の高い方」「銀歯の見た目が気になる方」などに、メタルフリーの治療方法に対する注目が集まっており、雑誌などでも取り上げられ、最近はご存知の方も増えてきています。

詰めてある金属が黒く変色していた場合は、その金属がイオン化して、口の中に溶け出している場合が多くあります。また金属アレルギーかどうか判断が難しい場合も多くありますが、皮膚科でパッチテストと呼ばれる検査をしていただくことで、金属アレルギーであれば、原因の金属を特定してもらうことが出来ます。

メタルフリー治療のメリットとデメリット

メリット

金属を使わないため、金属アレルギーの心配がないことが最も大きいと言えます。

デメリット

多くの場合、保険適用外となりますので、自費診療となってしまいます。

金属アレルギーの可能性

これまでの様々なデータや調査などで、銀歯によるアレルギー発症の可能性が指摘されています。

この金属アレルギーというものは、すぐに症状がでてくるものもあれば、しばらく経ってから症状が出てくるケースがあります。
このようなことから、アレルギーの方は銀歯を外せばアレルギーが治るのかどうなのかということが多く聞かれます。これらを判断するのは大変難しく、湿疹が出て皮膚科に行ってもきれいにならない、体のどこかにできものができる、アトピーが治らないなどの症状がある場合、金属アレルギーの検査を行ったら良いかもしれません。金属アレルギーかもしれない・・・と思われる場合はぜひ一度ご相談ください。
  • 病院に行っても治らない
  • できものができる
  • アトピーが治らない
このような症状や不安な方はご相談ください。

当院が扱うメタルフリー素材

ジルコニアのセラミック冠
  • ジルコニアのセラミック冠
    (前歯でも奥歯でも適用)
天然の歯と同じような透明感、審美性を実現できます。また、金属を使用していないため、体に安全な素材といえます。さらにセラミックの歯のため汚れもつきにくく、むし歯になりづらい、強度、耐久性があるという特徴もあります。
e.maxのセラミック冠
  • e.maxのセラミック冠
    (奥歯のみ適用)
e.maxは審美性と耐久性を兼ね備えた最先端のセラミックです。高い生体親和性でアレルギーの心配も無く、天然歯のような半透明性や明度を兼ね備えています。
e.maxのセラミックインレー
  • e.maxのセラミックインレー
以前のセラミックインレーの割れやすいという欠点を改善した、最近最も評判のいいセラミックの詰め物です。
  • ファイバーコア
既存の治療では、銀合金の土台が多く使われてきているのですが、ファイバーポストと呼ばれる、金属を使わず、しかも しなやかで弾性があり、ある程度咬合力を吸収してくれる最近評判の高い素材です。