青葉区南吉成で、歯医者をお探しなら まさみ歯科へ

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
当院からのお知らせ

ニュース & トピックス

新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウイルスは、特に基礎疾患のある方や免疫力の低い方が重症化しやすい傾向にあることから、まさみ歯科では下記のような対応を取り診療時の予防に努めております。

《普段から行なっている院内感染対策》
1、マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用
2、患者様ごとにグローブの交換
3、グローブ、エプロン、紙コップの使い捨て
4、ドリル・ハンドピース等の歯を削る機械を使用ごとに消毒・滅菌
5、治療中の粉塵を吸い取る口腔外バキュームの使用
6、診療台や操作パネル等の消毒液による拭き掃除
7、スタッフの頻繁なうがい、手洗い、手指消毒


《コロナウィルス感染対策の追加の取り組み》
1、患者様が来院時に使用するアルコール消毒液の設置
2、自動ドアのスイッチや手すり等の患者様が手で触れる箇所の消毒液による拭き掃除
3、待合室のソファの消毒液による拭き掃除
4、待合室への空気清浄機の設置
5、定期的な換気
6、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手等、スタッフの出勤前の体温確認
※37.5度以上の場合は自宅待機


《患者様へのお願い》
1、予約当日、体調不良の方はご予約の変更をお願い致します。体温が37.5℃以上の方、咳、倦怠感のような風邪症状のある方など

2、来院前のご自宅での体温測定にご協力ください。
体温が37.5℃以上の方は申し訳ありませんが、ご予約をキャンセルの上で後日取り直しをお願い致します。

ご来院されるすべての方の健康を第一に考えてこのような対応を取らせて頂いております。
ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をよろしくお願い致します。


《口腔ケアの予防効果》
新型コロナウイルスの予防策として、現段階ではインフルエンザウイルスと同じ予防法を徹底するよう厚生労働省からも通達があります。
そして、インフルエンザの予防法の一つに「口腔ケア」の有用性が挙げられています。
研究結果では、歯科衛生士が口腔ケアに介入した場合は介入していない場合に比べて10分の1までインフルエンザ発症率を軽減したと報告があります。
新型コロナウイルス肺炎予防の研究結果はこれから出てくると思いますが、最低でも今までの肺炎と同様の予防法が必要だとに考えれば口腔ケアも重要だと言えます。
また、米国のCDC(Centers for Disease Control and Preventionアメリカ疾病予防管理センター)ガイドラインにも肺炎予防対策のひとつに「口腔ケア」が明記されており、先進国において口腔ケアの重要性は議論の余地がないものとなっております。

これまで同様に専門的な口腔ケアを受けることは、インフルエンザやコロナウイルス等の予防に効果が期待できることをご理解いただければ幸いです。