青葉区 歯医者 | 仙台 青葉区 南吉成の歯医者 まさみ歯科

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
マイナス1歳からの予防
-1歳からのむし歯予防

生まれたばかりの時期にむし歯菌はいません

  • なぜ子どもにむし歯が出来るの?
    誰からむし歯菌は感染するの?
最もお子さんと接するのは誰かと思い浮かべてもらえれば、分かってもらえると思います。
最も可能性が高いのはママさん、あとは家族の方なのです。
そのため、ママさんの口をきれいな状態を維持し、家族からの感染を注意することが、お子さんのむし歯菌の感染を抑えることに繋がるのです。
  • いつごろ感染するの?
歯がある程度生えてから、特に1歳半から3歳までの期間に感染することが多いと言われています。

早産、低体重児出産のリスク

ホルモンバランスの崩れによる歯周炎

それは妊娠性歯周炎と呼ばれ、陣痛を起こすプロスタグランジンという生理活性物質を産生し、早産、低体重児出産のリスクを高めます。では、どのくらいかと言えば、歯周病は早産や低体重児出産のリスクが、7倍になるといわれています。これはたばこのリスクと同じくらいです。
そのため、お子さんのためにご自身の歯周病予防をすることが、大きな価値を持つのです。
そのため、安定期に入ったら、歯科医院で定期的に口の中のクリーニングを行い、きれいな状態を保つことが、生まれてくるお子様のためになります。

出産前の歯科検診をおすすめします

出産後、当分の間はお子さんにかかりきりになるため、ある程度の期間は家族の協力がないと外出することが難しくなると思います。
なるべく出産前に歯科医院でのケアを受けていただき、きれいな状態にしておくことが大切になります。
子育てで大変かと思いますが、ご自身できれいな状態を維持できるように歯磨きをしっかりと行っていただくことで、ご自身とお子さん両方のむし歯・歯周病の予防につながります。

お子さんのために大切な9のポイント

  1. ママさん自身のお口の中を、むし歯や歯周病のないキレイな状態に維持する

  1. 妊娠安定期(5~8か月)にむし歯治療を行う

  1. 妊娠中も出来れば定期的に予防のケアを行う

  1. つわりがひどい時は、食後のうがいだけでも行いましょう

  1. 妊娠中でも必要な栄養素は、バランスよく摂りましょう

  1. お子さんへの感染をなるべく防ぐ。そのためにはご家族の協力が必要です

  1. お子さんが1歳半から3歳の間は、特に感染しないように注意する

  1. お子さんのためにも、砂糖ではなくキシリトールを使用したお菓子を与えることによって、むし歯予防を行う

  1. お子さんの仕上げ磨きをしっかりと行う

マタニティ歯科 Q&A

妊娠中に歯の治療はできますか?

むし歯治療の時期は安定期(5~8ヶ月)が最適です。しかし、妊娠初期や後期でも、ズキズキしたりの急激な痛みがあったり、腫れたりした場合は、我慢せずにご相談ください。

妊娠中のむし歯治療で使う麻酔は大丈夫なの?

歯科で使用している麻酔は歯茎に打っていますが、無痛分娩にも使用される麻酔と同じです。
そして、局所麻酔なのでお腹の赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。安心して治療を受けてください。

妊娠中にレントゲン撮影をしても大丈夫なのですか?

歯科医院で使用しているレントゲンは歯の部分のみを映すものです。当院で使用するデジタルレントゲンは従来のレントゲンと比較して、圧倒的に被ばく量が少ないため、例え妊娠中の方であっても問題ない程度となります。
しかも、撮影する時は鉛でできたエプロンを着用するので心配ありません。

お薬は飲んでも問題ないのでしょうか?

妊娠中、授乳時期は出来るだけ飲まないほうがいいと思います。しかし限度がありますので、その時はかかりつけの産婦人科の主治医、もしくは私たちにご相談ください。