青葉区南吉成で、歯医者をお探しなら まさみ歯科へ

  • トップページ
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 診療案内
  • アクセス
  • 求人情報
TCHって知ってますか?
TCHとは…

TCH(歯列接触癖)とは

食事中や意識的に歯を食いしばっている時以外に、不必要に上下の歯を当ててしまう癖をTCH(歯列接触癖)といいます。

「歯ぎしり」や「食いしばり」で上下の歯を強くかみしめているという状態が良くないのはお分かりいただけると思いますが、なぜ無意識に軽く当てているだけの状態が良くないのでしょうか。
本来上下の歯列にはわずかに隙間があり、接触するのは会話や食事の時だけです。上下が接触する時間は1日20分以下とも言われています。TCHをお持ちの方は通常よりもこの時間が長いため余計な負担がかかり、顎関節症や歯の痛みを引き起こすおそれがあります。
もしかしたらTCHかもしれません

TCHが原因と考えられる症状

顎関節症をはじめ、歯がすり減る咬耗、強く噛みしめることによる歯根破折や修復物の破損、骨隆起など様々な症状と関連が考えられています。虫歯ではないのに歯が痛むような場合はTCHによって引き起こされた症状の可能性もあります。

TCHの原因

上下の歯を接触させる時に本来お口の筋肉は緊張状態になります。ストレスなどが原因で緊張する機会が多くなると、筋肉の緊張により無意識に噛んでしまうようになります。これがTCHの原因の一つです。他にも長時間のパソコン作業やスマホの使用なども原因になることがあるようです。

TCHかな?と思ったら

まずはお口を閉じているときに上下の歯が触れていないかを意識してみてください。常に意識するのは難しいですから、長時間のパソコン作業の合間などに休憩も兼ねて頬の力を抜いてみてください。慣れてきたら少しずつ上下の歯が触れないように意識する機会を増やすと徐々に改善していくかと思います。気になる方は検診の際にご相談ください。